旅に出る服は、写真に残る服。

旅に出る服は、写真に残る服。

 

2002年の西武百貨店のポスターに使われた

この言葉

今ますます、その深さを感じます。

 

旅する時の服装について、

InstagramでもよくDMをいただくので

今日は私の旅服へのこだわりを。

 

 

私は、とってもわかりやすい性格のため

考え方も超単純明快。

 

旅する時は

・色を合わせる

・色をあえて対象色や際立つものにする

・柄にストーリーを持たせる

というのが

超ざっくりとしたマイルール。

 

 

年末に訪れたハワイでは初日、

バカップル丸出しの

アロハシャツ&アロハワンピで

夫婦おそろコーデを。

 

王道リゾート・ハワイだからこそ

浮かれてみました。

 

 

 

青の絶景!ネモフィラの美しい

ひたち海浜公園では

紫のオフショルワンピース。

 

 

 

同じく青の絶景!

ギリシャ・サントリーニ島では

あえて青の世界で目立つような

黄色のボヘミアン柄ワンピースでリゾートコーデ。

 

 

 

旅先は海外に限らず

六本木アートナイトは色の洪水。

蜷川実花さんの鮮やかな世界観を

楽しみにしていたので、柄には柄をぶつけ

キャンディーカラーでストライプのワンピースを。

 

 

 

地中海の風光明媚な地、シチリアでは

こっくりとしたマスタードイエローで

女性らしさを意識。

 

風の強い土地に映える、

風になびきやすい、とろんとした素材の

ロングドレス。

 

 

 

香川県の島・ 直島では

島中に散在するアート作品が引き立つよう

白のワンピース。

 

 

 

石灰石の岩山を削ってつくられた

石の街・マテーラでは、

セピア色の街に映える

鮮やかなピンクのワンピース。

 

色や柄の少ない土地だからこそ、

大きな柄を合わせてみたり。

 

 

 

アマルフィでは、

この土地の名産(笑)レモン柄の

ワンピースがとっても着たくって!

 

 

エメラルドグリーンの海、

青い空に白とレモンイエローのワンピース。

 

旅する時のコーディネートは、

その土地もコーディネートの一部として考える。

 

自分の全身なんて、ちっぽけなもので

大きな舞台の中で、どう溶け込むか

どうアクセントになるか

そんなことを考えるのが、とっても楽しい。

 

 

私にとって旅服コーデを考えるのは、

happyに生きる秘訣のひとつです。

 

Instagramで色んな方の旅服コーデを

見るのも、楽しい。

 

次の旅は、どんな服を合わせようかな?♡

 

***

 

Follow my blog with Bloglovin

Instagram : chocolat.akane (←Please follow me!)