世界初のフルーツ・クーベルチュールを堪能♡VALRHONA JAPON(ヴァローナ・ジャポン)

VALRHONA JAPON(ヴァローナ・ジャポン)の

新製品発表会に行ってきました!

 

 

新商品のお披露目がありました。

その名も「インスピレーション」!

 

とれたてのフルーツを

ぎゅっと包んだようなチョコレート。

 

フレーバーは、

ストロベリー

パッションフルーツ

アーモンド

の3つ。

 

 

フルーツのスイーツってすごく多いし

需要も大きいイメージだけど、

実は

フルーツのクーベルチュールって

史上初なんだって!

びっくり。

 

あと、驚いたのは

天然由来の原材料のみでできていて、

保存料・着色料・香料は

使用していないこと。

 

 

え・・・

こんなに鮮やかなピンクなのに

着色料を使わず

ストロベリーの色だけで

出しているんだ・・・びっくり。(ボキャ貧)

 

はじけるようなストロベリーの味に

試食した際、感激しました。

フランスのシェフからも

「この製品はストロベリー以外の何物でもない」

という言葉があったそう!

 

 

しかも

 

フルーツもしくはナッツ

カカオバター

砂糖

この3つだけでできているのも

びっくり。

シンプルisベストを体現してる。

 

でも、

「フルーツ本来の色や味を最大限引き出すために

5年もの年月を費やし開発した」

と語ってくれたのは

プロジェクトマネージャーのマチアスさん。

 

 

バナナは柔らかくなりすぎるし

リンゴやライチは香りが弱いし

納得いくフルーツを追求して

ストロベリーとパッションフルーツに

たどり着いた話が、私はすごく好きでした。

 

後で質問したら、

なんと25種類ほどのフルーツで

試行錯誤を重ねたと教えてくれました!

 

とにかく重んじたのは

「味」と「色」だと。

 

確かに、「インスピレーション」を

使用したスイーツをいただいて

その目指した先が垣間見えた気がしました。

 

 

これは

パッションフルーツの「インスピレーション」を

使用した、月餅。

味も色も、すごく鮮やかでパワフルなんです。

 

ストロベリーの色はさっきも触れたけれど、

ハートをモチーフにした

バレンタイン向けプチガトーなんて

こんなにキュート。

 

 

クーベルチュールは、

様々なスイーツに変身するのも魅力。

 

このクーベルチュールが

まさにパティシエのインスピレーションとなって

世界中に革新的なスイーツが生まれていくんだ、

って考えるとぞくぞくします♡

 

 

 

お土産にいただいたクーベルチュールを

食べたら、もう濃厚すぎて。

フレッシュで、なんか力強いの。

鮮やかな色合いは見ているだけで幸せ。

 

 

昨年、先んじて発売されたフランスでは

既に

ピエール・エルメ氏やセバスチャン・ブイエ氏、

フレデリック・カッセル氏といった

グランシェフも愛用していらっしゃるとのこと。

 

 

日本では、どんな出会いがあって

どんなスイーツに生まれ変わるんだろう・・・

ワクワク。

これからも楽しみにしています。

 

***

Instagram→ @chocolat.akane

***

もう1人で悩まない!

花嫁サロン第1期生、募集中。

募集ページは、こちらから。

***

 

Follow my blog with Bloglovin

Instagram : chocolat.akane (←Please follow me!)