厨房のピカソ!ピエール・ガニェールの芸術的な「ピンクレディースランチ」で天空の女子会を。

中華料理「花梨」を始め、レストランに定評のある

ANAインターコンチネンタルホテル東京。

 

そちらの36階に位置するのは

世界を舞台に3つ星シェフとして名高い

美食の巨匠、ピエール・ガニェール氏が

プロデュースする現代フレンチ、

「ピエール・ガニェール」。

 

 

「厨房のピカソ」の異名を持つ

ピエール・ガニェール氏の

季節を彩る独創的かつ芸術的なメニューで

定評ある、こちらのお店に

ご招待いただきました。

 

 

36階のプライベート感溢れる空間で、

水曜日限定の

「ピンクレディースランチ」を頂きました。

 

とっても素敵だと耳にして、

ずっと気になっていたから嬉しい。

 

 

 

ドレスコードは「ピンク」

と指定があり、3人で

ピンクベージュに統一。

 

個室に飾られていた

桜の絵画とリンクして、

心が一層華やぎました。

 

 

月ごとに銘柄の変わる

ロゼシャンパンがグラス2杯

コースに含まれています。

 

 

3月は

ビルカール・サルモン。

 

 

天空に近い、この空間で

お昼からロゼをいただく至福。

 

 

メニュー構成は

・ウェルカムフード

・カクテル・ド・ポッシュ(5皿構成の前菜)

・メイン料理

・特製デザート

・コーヒーもしくは紅茶

・小菓子

 

 

ウェルカムフードから

種類が豊富で、びっくり。

フォアグラのムースに

竹墨のシュー、

わさびの葉にのせたサーモンのマリネ、

鴨のキッシュ。

 

 

さらに別皿で

空豆のフリットと

 

 

ほうれん草のクロロフィルと

パプリカのグリッシーニ。

 

 

ようやく前菜!

カクテル・ド・ポッシュ(5皿構成の前菜)

です。

 

中心にあるのは

白バルサミコ酢とチョリソーで

マリネした帆立貝。

 

 

 

可愛いピンクのルバーブのジュレに

アボカドの緑が映えます。

添えられたクリームは、

山羊のチーズ、サントモール。

 

 

ブイヤベースのロワイヤル。

グリーンの部分は

バジルの香るアイオリ。

旨味が・・・たまらなかったです。

 

 

ちりめんキャベツで巻いた

平鱸と車海老。

 

平鱸・・・ヒラスズキと読みます。

念のため。

さらっと出てきましたが高級魚。

身がぷりっと、もちっと

歯ごたえがあり脂が乗った絶品です。

 

 

パンも、すっごく美味しくて

つい完食してしまいました・・・

 

 

ほかほかのパンには、

食事のペースやらお腹の具合やらの計算を

吹き飛ばすパワーが宿ってる。絶対。

 

 

バターにも、

ピエール・ガニェールのロゴが。

ミルフィーユ状のバターも素敵でした。

 

ソルベもピンク!ローズです。

 

 

メインは、

シャンパンの香るフュメ・ド・ポワソンの中で

ポッシェした天然真鯛。

 

ピンクがアクセントに効いていて

とっても華やか!

 

このピンクは、赤ビーツを効かせたソース。

たっぷりの雲丹が贅沢。

思わず目を閉じて浸ってしまう味でした。

 

 

特製デザートも、もちろんピンク!

いちごのパウダーで覆った

フランボワーズのパルフェ。

ホワイトチョコレートのデスクに

挟まれ、上にはバニラアイスと

カシスのメレンゲが飾られていました。

 

 

もうね、360°どこから見ても可愛い!

食べるのが惜しいほど

夢が詰まった、一皿でした。

 

 

小菓子も色鮮やか。

ローズのクリームタルトと

中心のアーモンドチョコレートが

特に好きでした。

 

 

まさに「厨房のピカソ」。

ピエール・ガニェール氏の料理は、

独創的で芸術性が高く、

素材の組み合わせにはサプライズがあり

細部へのこだわりを感じられる味でした。

 

 

 

日本ならではの季節を感じる

素材選びも、楽しませていただきました。

 

彩るセンスも、さすがのもの。

 

 

お腹も心も満たされ、

でも素材が上質だから

全然もたれません。

食後も、素敵な景色や絵画を愛で

用意してくださった

可愛いプロップスと盛り上がりました。

 

 

江戸紫をキーカラーとした店内は

洗練されていて、

ピエール・ガニェールの感性が

細部まで行き届いている様。

 

料理も空間も、全てが

ガニェール氏の芸術作品なのだと感じます。

 

 

世界各国の「ピエール・ガニェール」の中でも

天空に最も近い超高層階に位置する

東京店。

 

 

東京タワーがすぐ目の前にそびえ

東京に住んでいても

うっとりしてしまう景色でした。

 

こちらのランチは、水曜日限定。

週の半ばに気持ちを高めるのに

ぴったりのタイミングです(笑)

 

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京の皆様、

素敵な機会をありがとうございました。

 

ピンクレディースランチが

東京の女性の心をもっと華やかに、

明るく彩ること、間違いなし!

私が自信を持ってお勧めします。